最新のAIの動向(自動翻訳)

今回はIBMのWatson(AI)によるSpeech-to-Textと2017年11月に生まれ変わったGoogle翻訳の紹介です。

これらのAIを利用した言語認識機能はどの程度の実力なのか検証します。

★WatsonのSpeech-to-Text機能は以下のウエッブサイトで試用できます。

https://speech-to-text-demo.ng.bluemix.net/?cm_mc_uid=78823250294714697539089&cm_mc_sid_50200000=32435431518487365328&cm_mc_sid_52640000=32932671518487365329

左はネット上の日本人の英語音声をスピーカーで拾ったもので,右は原稿(下)を私が早めに読み上げたものです,かなりの精度で音声認識しています。

(Many parents would like to teach their children English at home, but don’t know how to start. It doesn’t matter if your own English is not perfect. The most important thing is that you are enthusiastic and that you give your children lots of encouragement and praise. Your child will pick up on your enthusiasm for the language. Don’t worry if your child doesn’t start speaking English immediately. They will need a certain amount of time to absorb the language. Be patient, and they will begin to speak English in their own time.)

★Google翻訳は以下のウエッブサイトをご覧ください。

https://translate.google.co.jp/m/translate?hl=ja

左はネイティブの英語文章をコピーしたもの,右はそれの自動翻訳です。これも以前のバージョンから見るとかなり精度が上がっています。

いずれ,大学生の英語論文がAIが翻訳するような時代が来ることが予想されます。