2020年度第1回研究会

2020(令和2)年度 第1回e-Learning SIG研究会(報告)

日時:2020年4月5日(日)13:30~15:30
場所:小樽商科大学サテライト+Zoomミーティング

報告1:自己紹介
札幌新陽高校の小熊あずさ先生に初めてご参加いただいたため、メンバーの自己紹介を行った。

議題1:竹内先生ご発表
竹内先生のご発表では、English speeches with BIG subtitles及びCambridge Englishのサイトをご紹介いただいた。Cambridge Englishでは様々なコンテンツが使用可能で、Webinarで教師向けのコースも視聴可能であることも紹介された。
ウェブサイト:
English Speeches with Big SubtitlesのURL
https://www.englishspeecheschannel.com/english-speeches/
Cambridge Englishの、特にレベル別教材のURL
https://www.cambridgeenglish.org/learning-english/
4月27日まで申し込めるオンラインセミナーのURL
https://www.futurelearn.com/courses/online-
tutoring?utm_source=youtube&utm_medium=socialmedia&utm_campaign=schools-
%20teachingenglishonline_globalwebsite_13032020em&utm_content=video

議題2:小熊先生ご発表
小熊先生の高校でのICTを活用した教育実践及び学内業務等についてご紹介いただいた。この度のコロナ対応で行われた実践や、高校の現場での先進的なICT導入の事例をうかがった。この流れから各大学でのコロナ対応について情報の共有もなされた。

議題3:今年度の予定
今年度の代表は三ツ木が務めることとなった。また、今年度は、当面は昨年度のように担当者を決めた発表システムをとらず、10月に予定されているHELES大会に向けての準備とICTを用いたコロナ対応の実践について情報の共有を行っていくこととなった。大会に向けては、札幌新陽高校でのICT導入事例で課題とされていた内容(メディアリテラシー、学習効果の可視化)に焦点を当てて、調査を行っていくこととなった。また、今後も遠隔での開催を継続することを検討し、次回ミーティングまでにZoomとGoogle meetの有料アカウントを取得して、次回開催に備えることとなった。また上記有料アカウントをSIG予算で契約することととなった。

次回の予定:
6月6日(土)10:00-12:30(会場を設定するかは未定)